トップページ > オーダースーツ

オーダースーツ ゴールドワン

よいスーツは、よい仕事をつくります。

ビジネスシーンでの勝負服はもちろんスーツ。よいスーツがビジネスでの成功を後押ししてくれます。
ゴールドワンはオーダースーツであなたを後押し。国内の提携スーツ専用工場で丁寧にお仕立てします。
人は6秒間の見た目でその人を判断しています。まずは見た目で勝つ!そんな勝負スーツお任せ下さい。

  • オーダースーツイメージ画像01
  • オーダースーツイメージ画像02
  • オーダースーツイメージ画像03
  • オーダースーツイメージ画像04
  • オーダースーツイメージ画像05

お知らせ・トピックス

商品ラインナップ

普段着スーツ(お手ごろスーツ)
税抜38,000円〜
スーツは作業着。
でもありきたりはイヤな方に。
定番スーツ(メンズ&レディース)
税抜48,000円〜
ゼニア、ダンヒル、御幸、長大などブランド生地使用。レディースも同じ生地で作ります。
フォーマルスーツ(略礼服)
税抜48,000円〜
まさかの時の1着。
並ぶと違いが分かります。
ジャケット
税抜38,000円〜
大人の装い。
旅行やゴルフ、粋な1着を。
オーダーワイシャツ
税抜7,600円〜
クールビズで人気沸騰。
お手ごろ価格で作れます。

スーツを作ろう!!

生地選び
スーツの生地は大きく分けて冬用、夏用に分かれます。さらにその中でも厚手の生地、薄手の生地、ウールの配分が多い生地、ポリエステルの配分の多い生地など細かく分類されます。
さらにさらに、色があります。スーツに多いのは黒、紺、グレー、茶ですが、それぞれにストライプが入ったり、織り柄が入ったりと多種多様です。同じ意匠の生地とは2度と出会えないかもしれません。ショップマスターはお客様の着用状況などをお聞きして、最適な生地をご紹介します。そしてそれにお客様がご自身の趣味、好みを足して生地を決めていきます。ゴールドワンでは常時300種類以上の生地を展示しておりますので、選ぶ楽しみを味わってください。
デザインは自由自在
生地が決まった後はデザイン、ディティールを決めていきます。これも大きな分類は前のボタンの数です。現在では2つボタンが主流ですが、10年ほど前は3つボタンや段返りが人気でした。今のスーツはタイトシルエットばかりですが、オーダースーツならこれも自分好みに仕立てられます。トラッドを気取るのも、厚い肩パッドのソフトスーツを再現するのも自由自在です。これもショップマスターがお客様が仕事で着用するのか、遊び着として着るのかご相談の上、お勧めの基本ラインをご紹介します。
プロが採寸
これがプロの見せ所。ショップマスターはこの道30年以上の超ベテランです。目でほとんどの採寸は終わっているのですが、確認のためメジャーを乗せていきます。実際メジャーで測るほうがお客様も安心されるようです。特にウエストなどはズボンを履く位置によって変わってきますので、メジャーで実際に近い緩み具合を確認してもらえます。
袖の長さは利き腕のほうが長い方が多いです。こういう微妙な調整もオーダーだからできる利点です。
サンプル試着で安心
ゴールドワンはイージーオーダーと言われるオーダースーツです。フルオーダースーツは仮縫いありで2ヶ月以上お仕立てにかかります。価格も20万円以上となかなか敷居が高いです。イージーオーダーは文字通りある程度パターンのあるサイズにお客様の補整を組み込んで仕立てます。それでも数万通りのサイズ組み合わせになります。
ほとんどの体型をカバーできてお仕立てまで1ヶ月程度、お値段もお手ごろということで採用しています。お客様もサンプルを着用することでより出来上がりのスーツを意識することができます。なかなか生地だけでイメージは難しいですので、胸元のゆとりの感じなどを確認しながら進めていきます。
オプションで更にランクアップ
差がつけにくいスーツですが隠れたお洒落を楽しむこともできます。
江戸時代の町人文化では着物の表地は質素な素材で、裏地は刺繍などを入れて「粋」を楽しむことがありました。スーツも裏地に凝ることができます。カラーやストライプなどこちらもご自分のセンスで選べます。ボタンも同様です。
ディティールのオプションとしては袖口を捲くることができる「本開き」。量販店ではあまりみないデザインです。袖ボタンを開けられるようにすると袖の長さの調節ができません。量販店ではお客様によって袖を詰める場合があるのであまりみないのです。オーダースーツはお客様に対して1着1着お仕立てしているのでできるのです。
ついでにトータルコーディネイト
ゴールドワンではオーダーワイシャツ、ネクタイも取り扱っています。
下着に直接スーツの方はいません。せっかく満足の1着を作るのならワイシャツ、ネクタイも揃えてみたいものです。ショップマスターが長年のセンスでセレクトしてくれます。どうしても色柄は自分の好みによってしまいます。マスターのお勧めも参考に新しい自分を見つけてください。

ページの先頭へ